昼休みに従業員が起こしたプライべートな事故も会社責任?

59歳男性(会社経営)からの困ったワン

お昼休みに従業員が起こした件を相談します。ウチは小さな印刷会社ですが、その従業員は会社近くのマンションに住んいて昼はいつも自分のマンションへ帰って昼食を済ませ戻ってきます。

理由は部屋でゴールデンレトリバーを飼っていて、その犬にお昼ご飯をあげるのと10分ほど自身の運動も兼ねて、近くの公園へ散歩に出かけているようです。お昼休みなのでどう過ごそうが会社としては何も言いません。ただ、着替えるのが面倒らしくいつも会社で支給している作業着を着たまま、家に戻って散歩をしています。だから口うるさく会社を出るときは必ず着替えるようにと注意していますが、全く言うことを聞きません。

そして昨日、作業着を着たままいつものように散歩していたところ、たまたま近くで鳴った車のクラクションに犬が驚いて突然走り出してしまいリードが手から離れてしまいました。そして運悪く物陰から出てきた3歳の男の子と衝突してしまい、男の子に怪我を負わせてしまったのです。怪我を負わせた男の子のご両親は、会社へ押しかけてきて会社で責任を取るように迫ってきています。会社の作業着を着ている以上、会社に責任があるという言い分です。

作業着を着ていますが昼休みのことですし、何より私はいつも家に帰るなら着替えろと言い続けていました。従業員の起こしたプライベートな事故も会社として責任を負うのでしょうか。

 

わんポイントアドバイス

社長が懸念されていたことが起こってしまったのですね。確かに通常の業務時間中なら親御さんがおっしゃるように会社に責任があることになります。ただ今回の場合は、お昼休みでしかもワンちゃんのお散歩中に起こった事故です。仕事とは全く関係ありません。問題は会社の作業着を着ていたことです。

難しい法律の話になってしまいますが平たく言うなら、常識的に見てその従業員の方が仕事中と見えるかどうかということが一つの基準になります。作業着を着ていましたが、なぜ印刷屋さんが犬を散歩しているのだろうか、と普通なら思いますよね。これが動物病院の白衣を着ていたり、ペットショップの制服を着ていたとかなら、たとえそれがプライベートなお散歩だとしても仕事中と判断される可能性が高いでしょう。印刷屋さんがワンちゃんのお散歩をすることが、業務の一環と見えるのか、そこがポイントになりそうですね。

いずれにしてもその従業員の方がきちんと男の子の治療費を払えるのなら問題ありませんが、そうでないなら会社に来てしまっている以上、法律上ではなく道義的に何かできることをされた方が良いのではないでしょうか。会社は関係ない、従業員と直接話し合ってくれという対応は簡単ですが、御社は地域密着の印刷屋さんです。その点を踏まえ慎重な対応を考えてみませんか。もちろん私にできることがあればお手伝いしますので、お気軽にご連絡ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者について

wanwan-low

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です